2006年05月27日

目黒記念予想

ダービー終わった脱力感の時に、なんでこんなレースやるんだ。
まったく意図不明のレース番組改変。
こんなレースを持ってくるんだったら駒草賞を残して欲しかった。
まったく、JRAマーケティング部はPOGやっている者たちの空気が読めてない。
それとも、大勢の前ですさまじい馬券をサクレツさせて目を引き付けることを狙っている可能性も?

(予想)

◎ トウカイトリック   今のピンピン芝生はキングマンボ−エルコンドル路線に向いている。
○ アドマイヤモナーク  長距離は安定、積極的なレースで
▲ ポップロック     若手にとっては登竜門のレースか?
△ メジロトンキニーズ  こちらも、長距離得意、さらに東京得意

キル トウショウナイト  外すぎ

(馬券)

3連複の1点軸で大量に
3−1、4、5、7、8、9、14、15

posted by すぴ at 22:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダービー全力予想

いよいよ、競馬の祭典・日本ダービー。
ホースマンは、この日を目標にして馬を生産し、育て、訓練する。
いわずと知れた、G1の最高峰である。

●レースポイント

「過去のダービー馬とその時の騎手を上げろ」といった場合、大抵のファンであればすぐに答えられるはずだ。それくらい、馬と騎手がセットになったイメージが強いレースである。

成績を残し始めてからは、乗り代わりをしていない馬

これが、ダービー馬の条件である。
成績を残し始めてからとは2勝目以降と考えていい。
騎手はダービーを目指して1年を戦っている。その騎手が早くから素質に目をつけた馬はそう簡単に手放そうとはしない。
今年はこのフィルターが、かなり活きてきそうである。
武、安勝、福永。この3人がことごとく食い散らかしてきたからだ。
それによって発生した、テン乗りの馬はダービー馬として消せる。
アドマイヤメイン、ドリームパスポート、ロジックはダービー馬の目はない。


☆八百屋要素

真剣勝負が繰り広げられるこのレースと思いきや、実は八百屋が数多く埋め込まれたレースでもあった
過去のダービーを振り返ってみると、怪しいレースがいくつもある。
まずは、ウイニングチケットのダービー。
それまでにダービーに縁のなかった、柴田政人が残り少ない騎手人生で巡ってきた最後のチャンスであった。
当時は、すでにマスコミ、サークル内では政人に勝たせたいという「雰囲気」が十分に満ちていた。それが、勝負どころの4コーナでぽっかり内ポケットを空けるという、到底一流のジョッキーが勝負するレースとは思えない展開となり優勝した。

同じように、アグネスフライトが勝ったダービー。これも同じである。
ダービージョッキーの称号がない河内は、豊の「追い出し待ち」のサポートを受けて晴れてダービージョッキーとなった。

チヨノオー太とアルダン岡部もそうである。

このように、競馬サークル内でダービージョッキーを夢に見てきたベテランジョッキーに対して周りがサポートして、長年の労をねぎらうという要素が強いのだ。

○レース展開予想


アドマイヤ陣営vsフサイチ陣営

展開を考えると、アドマイヤメインの出走はレースを引き締めたものとなろう。
Sペースの瞬発力競馬が多い近年、アドマイヤメインの逃げは各陣営には
脅威に写る。なにしろ時計の裏づけがあるからだ。
この馬潰しにフサイチ軍団はリシャールが鈴を付けにいくと見る。
枠順もそれを煽るかのような隣り合わせだ。
よって、よどみの無いスタミナ比べのレースとなろう。

瞬発力よりも、最後までしっかりと伸びる脚を持った差し馬に有利な展開となりそう。
本日の競馬でも差し馬が届いていた。



----------- ※ ---------- ※ -----------
(予想)


◎メイショウサムソン   しっかりと石橋が育てあげた馬。ダービー馬・にふさわしい。
○サクラメガワンダー  内田の豪腕で、最後までしっかりと伸びる。
△アドマイヤメイン    ラップ・タイムの裏付けあり。
△ジャリスコライト    兄と同じように最後まで伸びれば。

キル フサイチリシャール  鈴つけ役、だいたい使いすぎ。


(買い目)


単 2
3連単 2−6、9、14−6、9、14


一言:高田が不憫。これから応援するぞ!

posted by すぴ at 22:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金こ賞

●レースポイント

格の感じられない、低レベルの別定戦。
小回りでスローが予想される。前いく馬から。

----------- ※ ---------- ※ -----------
(予想)

◎ ブルートルネード   建て直し、中京も合いそう。池添なので。
○ コンゴウリキシオー  単駒逃げ
▲ ローゼンクロイツ   Sペースにやられそうなので3番手。
△ エリモハリアー    中京巧者、武なので。

キル  アサカディフィート  東海Sから連闘。使い方めちゃくちゃ。馬つぶす気か!

(買い目)

馬複 5−6、7、10  
posted by すぴ at 13:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

東海ステークス予想

●レースポイント

別定戦だが、2kの差しかない。基本は実績馬から。


----------- ※ ---------- ※ -----------
(予想)

◎ ヴァーミリアン    小回り船橋で見せた先行力はここも向く。
○ ヒシアトラス     57K有利
△ マイネルボウノット  後藤が遠征している。
△ スーパチャンス    中京巧者

キル パーソナルラッシュ ムラ馬でテン乗りでは。。。

(買い目)

馬単 12−5、10、1  
posted by すぴ at 11:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第67回オークス予想

●レースポイント
基本的になんでもあり。ただし、桜の後に1戦挟んだ馬は不要。また年内5戦以上した場合もほぼ要らない。


☆八百屋要素
冠号が付く馬で初めて、もしくは久しぶりにG1馬を排出する

(解説)
桜の後に使っていなければ7着あたりまで連対の可能性がある一方、桜の後に1戦使った馬は死んでも入らない。

JRAにとって馬主もお客様でもある。馬主が居なくなったらレース成立も危うくなる。
そこでいくつかのレースで勝ち星を調整する必要がある。このレースもその一つ。
JRAに多数馬を提供している冠号を持った馬主たちが、初めてG1もしくは久しぶりにG1を手にするレースとして調整されている。
シルクプリマドンナ、ダイワエルシエーロ、レディパステルなどなど。。。


----------- ※ ---------- ※ -----------
(予想)

◎ ニシノフジムスメ    ニシノのG1馬っていつだ?恐らく、ニシノフラワー以来。そろそろ埋め合わせ。
              また、グリチャでは毎週藤田がレース後コメントを寄せている。こちらでもJRAは埋め合わせするのでは。
                
○ コイウタ        クイーンC優勝、京王杯3着。オークス馬としての資格ある。
▲ キストゥヘヴン     2冠馬になっても驚けない。
△ アサヒライジング    ワールドカップサイン馬で来る可能性あり。
△ アドマイヤキッス    キル理由なし。
△ シークレッドコード   タヴィンチコードで来るか?←これはもう高本式(古い)

キル ブルーメンブラッド  つかいすぎ!

(買い目)
◎の一着付け3連単フォーメで。またコイウタとのワイドはお勧め。

・3連単1着付  5   相手 6、8、10、13、17  計20点
・ワイド 5−6 1点
posted by すぴ at 10:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。